長生きの秘訣!スクワットなどの運動で心臓を元気にしよう。

長生きの秘訣!スクワットなどの運動で心臓を元気にしよう。

_r2_c2

どんなに今元気な人であっても誰もが最後は、寝たきりになります。

しかし、誰もが寝たきりになりたくないと願っているはずです。

 

すこしでも、元気に長生きして死ぬまで歩ける身体でいたいと願うし、起きてご飯も食べたいと思うはずです。

 

更に、人間は、欲深い生き物なので出来れば、頭も呆けずに、しっかりとあり続けたいなど、健康に関する欲求はきりがありません。

 

でも、そうならない為の努力は何かしてきたのかと言うと、振り返ったときにあれっ何もしてこなかったと気づく人が大半ではないでしょうか?

 

それでも気づくことが大切なのです。それが50代でも60歳を過ぎてからで意識付けできた日から心臓の働きが毎年1%ずつダウンするのを食い止めればいいのです。

 

あの大女優であった森光子さんは、舞台でデングリ返りをするために、なんとスクワットを毎日150回やっていたそうです。

 

吉永小百合さんはプールでバタフライを2 ㎞ぐらい泳がれるそうです。

 

死ぬまで元気でいたいと本気で願う人は、いつからでも遅くありません。

 

気づいたときから少しずつ、自分の身体特に(心臓と血管)を強くする運動を始めませんか?

 

何もやってなくて元気でいたいとかいうのは、それは無理な話です。

 

人は、風邪でも不治の病でも病魔に侵されると、まずは歩けなくなります。

それは歩くのにエネルギーが相当いるからなんです。

 

寝たきりでも心臓が止まらない限り、人は死にません。

今少しでも元気であり続けたいと願い人の為に、簡単なロコトレご紹介します。

 

今回は、簡単なスクワットのやり方を教えます。

 

スクワットというのは、足を肩幅に開いて、手は上に。

横から見て、お尻を少し突き出すようにして膝をゆっくり曲げます。

 

そのとき息を吐きます。

膝は痛めるといけないので90 度以上曲げないことがポイントです。

 

今日からスタートされる方は、1回だけにしてください!

 

森光子さんは150 回したのだから、私は、今日は50 回しようなんていうと膝を壊します。

 

家へ帰ってからでいいし、風呂のときでもいいし、キッチンの前で料理するときでもいいから、知らず知らずに一回くらいは、無意識の内にはやっている動作さのですが意識して今日は、1回やったと確認することが大切です。

 

次に今日1 回、明日は2 回、明後日は3 回というように回数を増やしていってください。

 

1カ月経ったら30 回、2 カ月経ったら60 回。

60 回できるまでに2 カ月かかります。

 

毎日1回ずつ増やしたら、2 カ月後には60 回できるだけの筋肉がちゃんとついていますのでご心配なく。

 

靭帯もだんだん慣れてくるし、心臓もこの運動を60 回できるためのエネルギーが送れるようになります。

 

心臓を元気にするために、こういう運動をするのです。

 

明日のブログも続きをお話しますね。

▲ページトップに戻る

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。