月別アーカイブ 2015年4月

マルチタレント シルク姉さんに学ぶ 笑顔の作り方!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

笑顔が身体に良いことは、判っていても仕事上のトラブルや不満や家庭環境崩壊危機やうつ病、統合失調症や癌その他様々な理由により笑顔になりたくたくもなれない人も中にはいらっしゃることでしょうがそういう状況だからこそ笑顔を作ることは大切なことです。

今日は、テレビでもお馴染みの芸人であるシルク姉さんに学んで上手に笑えないという方に簡単にできる表情筋トレーニングを紹介します。

 

まずは、頬の筋肉の体操(小頬骨筋)

右の口角をググぐっと引き上げ、そのままで5秒キープした後、ゆっくり自然の表情に戻します。

 

今度は逆の左の口角をググぐっと引き上げ、そのままで5秒キープした後、ゆっくり自然の表情に戻しましょう。

 

小頬骨筋は、頬のサスペンダー的役割をしている筋肉であり、口角を引き上げるためにはなくてはならない部分。顔の中では大きい筋肉なので効果が出やすいです。

 

次に頬の筋肉の体操(大頬骨筋)

まず、口をあくびの時のように縦に大きく開けます。

 

上唇で上の前歯を抑えるように隠しましょう。

 

口角を上に引き上げ、そのままで5秒キープした後、ゆっくりと自然の表情に戻します。

 

大頬骨筋は、大笑いする時に使っている筋肉のことです。

 

現代の生活ではパソコン、スマートフォンを使う生活が当たり前になっており、顔が固まっている時間が長いです。

 

そのため気づいた時に動かしてあげましょう。

 

最後にウキウキ体操

 

とにかく声を出して行いましょう。はじめに、「ウ」「キ」「ウ」「キ」(口の周りの筋肉と頬の筋肉をしっかりと使い、一語ずつゆっくりと言う)次に、「ウ・キ・ウ・キ・ウ・キ・ウ・キ」(動きは丁寧に、少しテンポアップして言う)その後、「今日も笑顔で過ごしましょう」と発しましょう。

 

(この言葉はご自身にあった笑顔になれる言葉を入れてもOK)モチベーションアップ、緊張をほぐすのにも最適なトレーニングです。

 

第一印象を左右するのは、やはり“笑顔”です。決して美人やイケメンだからよいというわけではありません。

 

素敵な笑顔を手に入れて誰からも印象よく愛される人を目指しましょう!

笑うことで起きる、体の変化は、それはもう、いろいろとあるようで…。
α波が出てリラックス効果が出た、脳の血流量が増えた、血糖値が下がった、という結果や、リウマチの患者さんたちの、痛みが軽減されたという結果も出ているそうです。
これは、脳内モルヒネの作用なのです。

続きを読む

いきものがかり 笑顔の効果 

笑顔は、コミィニケーションを図る上でも必要なものです。

「笑顔」の画像検索結果

いつも笑顔の人と、いつも、しかめっ面や暗い表情をしている人のどちらが好かれるか、考えるまでもないでしょう。

 

人間、明るい表情をしている人に、自然に好感を持つものです。

 

ですから、人と接するときに笑顔を意識して気に作るようにすれば、相手から好感を持たれ、そこから人間関係が築かれることが少なくありません。

imgres

その結果、交友関係がどんどん広がっていきます。

 

あなたの周りにいる、交友関係の広い人、友人の多い人の顔を思い出してみましょう。

 

おそらく、そうした人は皆、明るい表情をし、常に笑顔を見せているにちがいありません。

 

また、笑顔は自分自身の気持ちを明るく、前向きにしてくれます。

 やる気がわいてくる方法

気持ちが前向きになると、当然「やる気」が出ます。

 

つまり、仕事や勉強に対するモチベーションもアップするのです。

ですから、たとえば重要な仕事が予定されている日の朝や、これから受験勉強に集中しようと思っているときには、鏡の前で笑顔を作ってみましょう。

自分の笑顔を見つめるだけでもやる気がでるんです。

自分の笑顔を見つめるだけで、「よし、やろう」という気持ちになれます。

 

一種の自己暗示のようなものですが、笑顔にはそれだけの心理的な効果があるのです。

 

笑顔はコミュニケーション・メンタル・健康に絶大な効果を持ち、しかも誰もがお金をかけず実行できる優れものです。

笑顔のパワーを味方に、今以上に毎日をエンジョイして頂きたいと願います。

続きを読む

麻黄湯がインフルエンザに効果ありとのクチコミを見て効能を試してみた!

8701965717_3293e118d4
photo credit: Small panda eating in the snow III via photopin (license)

救急隊が予防的に愛飲する麻黄湯って知っていましたか?

僕も、インターネットのクチコミでちらっと見て知っていたんですが、
先日とある、救急隊の講演会で聞いてビックリしました!

その話の内容は、救急隊の方って
当然の事ながらみんながインフルエンザにかかってしまったら
救急で人助けをしなければならないのに、
人助けどころか、出来なくなってしまいますよね。

というわけで、
日頃から予防的に麻黄湯を飲んでいるとのことでした。

それで日々インフルエンザの方の搬送などしても、
インフルエンザにかかりにくくなったり、
重症化しないそうです。

漢方薬だから、
普通の薬よりは副作用とかは気にしなくていいのかもしれませんが
僕敵には、予防で飲もうとは思いませんでした。

麻黄湯を飲んでみた!

そんな中、

夕方から急に体調が悪くなって
体の節々が痛くなり、咳きがでるようになって
かなりしんどくなってきた時、

家族が買っていた麻黄湯を飲んでみました。

まだ、高熱までは出ていなかったものの
30分~1時間後くらいには、体のきつさもなくなっていて
翌朝は、普段より気持ちよく目覚め、

体調がいい感じでおきることが出来ました。

おーーーーーーー!

これはすごい!と思って

いろいろ麻黄湯の効果や効能を調べてみると、
インフルエンザ薬のタミフルやリレンザなどと同等の
効果があると実験された結果が出ているようでした。

インフルエンザになる時って
夕方から夜、夜中ってことが多いですよね。

そんな時、

自宅に麻黄湯があると
少し安心できるな~と実感しました。

とはいっても、
自己診断で麻黄湯だけでいいとは言い切れませんので、

インフルエンザぽいと感じたら
すぐにお医者さんに行きましょうね!

続きを読む

笑顔で病気を治す!パート2

yjimage2RNLSY1C

笑顔は、コミィニケーションを図る上でも必要なものです。

 

いつも笑顔の人と、いつも、しかめっ面や暗い表情をしている人のどちらが好かれるか、考えるまでもないでしょう。

 

人間、明るい表情をしている人に、自然に好感を持つものです。

 

ですから、人と接するときに笑顔を意識して気に作るようにすれば、相手から好感を持たれ、そこから人間関係が築かれることが少なくありません。

 

その結果、交友関係がどんどん広がっていきます。

 

あなたの周りにいる、交友関係の広い人、友人の多い人の顔を思い出してみましょう。

 

おそらく、そうした人は皆、明るい表情をし、常に笑顔を見せているにちがいありません。

 

また、笑顔は自分自身の気持ちを明るく、前向きにしてくれます。

 

気持ちが前向きになると、当然「やる気」が出ます。

 

つまり、仕事や勉強に対するモチベーションもアップするのです。

ですから、たとえば重要な仕事が予定されている日の朝や、これから受験勉強に集中しようと思っているときには、鏡の前で笑顔を作ってみましょう。

 

自分の笑顔を見つめるだけで、「よし、やろう」という気持ちになれます。

 

一種の自己暗示のようなものですが、笑顔にはそれだけの心理的な効果があるのです。

 

笑顔はコミュニケーション・メンタル・健康に絶大な効果を持ち、しかも誰もがお金をかけず実行できる優れものです。

笑顔のパワーを味方に、今以上に毎日をエンジョイして頂きたいと願います。

続きを読む

笑顔で病気を治す!

yjimage2RNLSY1C

皆様おはようございます♪

「NK(ナチュラルキラー細胞)が癌細胞を攻撃する!」という話を聞いたことのある人も多いでしょう。

 

NK細胞とはリンパ球の一種で、身体に入ってきた異物を攻撃して悪影響から身体を守る重要な役割を担っている自らが持つ免疫細胞のことです。

 

笑顔を作ったり、声を上げて笑ったりするとこの細胞が働いて活性化した血流は、更に細胞を活性化する神経伝達物質「神経ペプチド」を身体の隅々まで運んでくれます。

 

この神経ペプチドのおかげでパワーアップしたNK細胞が、免疫力を高めてくれるというわけです。

 

癌などの深刻な病気はもちろん花粉症などの辛い症状にも、笑顔が強い武器となりますよ♪

 

ですから笑顔には健康に良いという効果があります。

 

笑顔でいればいるほど、人間は健康になれるということです。

 

笑顔でいると、体の抵抗力が増しますから、病気になりにくく、また、病気になったとしても回復力が増すのです。

 

ある病院で、患者に「笑い」を多く経験させるという取り組みをしたところ、病気が改善されたという例も実際にあります。

 

入院中の患者でさえそうなのですから、健康な人が笑顔を意識的に作るようにすれば、その効果は大きいといっていいでしょう!

 

さらにさらに、抵抗力がアップすれば、当然、老化を遅らせることもできます。

 

つまり、アンチエイジング効果もあるのが「笑顔」なのです。

続きを読む

エンタメ 笑うことの大切さ!

yjimage2RNLSY1C

今日も笑顔を意識して過ごしましょう!たとえ笑えない状況であっても無理にでも笑顔を作るようにすることが心も身体も元気になります♪

 

具体的に「笑顔」は、口元の横上にある「笑筋」を刺激します。

 

これによって、副交感神経が反応することにより、脳からα波が出て、「フェイシャルフィードバック効果」という、特殊な効果が起こるのです。

 

この効果により、不思議と、幸せな気持ちになるのです♪

 

これは、本当に面白くて笑った時だけではありません。

 

意図的に笑顔を作っただけでも、フェイシャルフィードバック効果が起こり、幸せを感じられるのです。

 

医学では、笑うことにより「ナチュラルキラー細胞」が活性化し、これが癌細胞をも撃退する程の力を発揮すると言われています。

 

単純なことの様ですが「笑い」には、本当に神秘的な力があるのです。

 

私自身も、辛かった時期を幾度と無く笑顔で乗り越えてきました。

 

本当は笑顔になんてなれない時も、意図的に笑って、心身共に、苦しさから解放されてきました。

 

「幸せだから笑う」のではなく、「笑うから幸せになる」と思ってみてください。

 

是非、多くの方に、フェイシャルフィードバック効果を体感して頂き、笑顔で溢れる社会になれば世界中から認められる素晴らしい国となることを願っています。

 

笑顔を作る表情筋というのは、顔のすべての部分に張り巡らされています。

 

つまり、笑顔を作るだけで顔や首、頭皮までエクササイズ出来るというわけです。

 

筋肉は使えば使うほど血流が滑らかになり、表情筋を通って脳の血流も良くなるため、脳細胞が活性化します。

 

笑顔によって心のバランスを整える「セロトニン」という物質が増えるため、脳はストレスに強くなりリラックスしやすい状態を保つことができる上、プラス思考に変わることで安眠効果もアップすると言われています。

 

エネルギッシュでストレスフリーに過ごすためにも、いつも笑顔がいちばんです。

続きを読む

エンタメ 笑うことの大切さ!パート2

yjimageJ9ZTPAKP

さて、本日は、笑顔で健康を手に入れた日本での例を紹介しましょう。

 

1992年(平成4年)、大阪ミナミの演芸場で、ガンや心臓病の人を含む19人の方々に、漫才や新喜劇を見て大いに笑ってもらった後、免疫力がどうなるのかということを、岡山県の「すばるクリニック」の伊丹仁朗院長と大阪府の「元気で長生き研究所」所長の昇幹夫医師が共同で実験しました。

 

実験は、たっぷり3時間大笑いしてもらい、その直前と直後に採血してリンパ球の活性(ガン細胞を攻撃するNK(ナチュラルキラー)細胞の元気度)を調べるというものでした。

 

健康な人の体内では、1日に3000~5000個のガン細胞が発生していますが、人が生まれつき持っている50億個のNK細胞がこれを破壊しているおかげで、ガンにおかされずにすんでいるということです。

 

この働きがNK活性と呼ばれていて、実験の結果、笑う前にNK活性の数値が低かった人は、すべて正常範囲までアップし、高かった人の多くも正常近くの数値に下がるということが確認されました。

 

つまり、笑いには、ガンに対する抵抗力を高め、免疫機能を正常化させるということ、さらに、免疫機能を薬で活性化させるには一定の時間がかかるのに対し、笑いには、短時間で免疫系を正常化させる生理学的効果(即効性)があるということが実験結果として出されました。

 

ちなみに、伊丹先生は、1994年(平成6年)に、面白くなくても作り笑いをして微笑むだけの場合、NK活性がどうなるかということも実験しました。

 

実験は、1人ずつ個室に入ってもらい、何も面白くなくても笑顔を2時間続けてもらい、その前後でNK活性を調べるというものです。

 

結果は、もともとNK活性が低い人と正常範囲の人は数値が上昇し、初めから高い人は正常範囲あるいはその方向へと低下しました。

 

こうした実験の結果から、伊丹先生は「免疫力(ガンに対する抵抗力)を強くしたいと思う人は、面白いことを考えて大いに笑ったり、面白いことがなくても、とりあえず表情だけでも笑顔を続ければよい」というヒントを引き出しました。

 

今日もビューティースマイルを大切にしてまいりましょう! 周りで笑顔になれない人にも是非お声掛けしてみんなで笑顔に溢れた生活にしていきましょう!

続きを読む

エンタメ 笑うことの大切さ

yjimageD4DBJ9WJ

ひとくくりに笑いといっても、「微笑」「哄笑」「爆笑」「冷笑」「嘲笑」「苦笑」「照れ笑い」「愛想笑い」「作り笑い」そして「泣き笑い」など、その種類は様々で複雑です。

 

そもそも「笑い」についての理論は、古くはギリシャ時代からいろいろな人が取り上げてきましたが、まだまだ研究途上と言われています。

 

なかなか簡単に説明できることがらではないようですが、5つの諸説について紹介していきます。

 

アメリカのジョン・モリオールという哲学者は、笑いを分析し、「優越の理論」「ズレの理論」「放出の理論」として整理しています。

 

「優越の理論」は、他人の欠点や失敗などから、自分の方が上だと感じるときに笑うという考えです。

 

ギリシャ時代のアリストテレスは、笑いについて「笑うべきものは、他人の

過失や醜態である」と考えたそうです。

 

続いて「ズレの理論」とは、予想が外れたり、意外な出来事に出会ったりして思わず笑ってしまうといった笑いのことです。

 

一般常識で当たり前のことと思っていても、別の出来事や言葉を当てはめることで、当たり前でなくなってしまう、そこにズレが起こるのです。

 

例えば、漫才は、「ツッコミ」の一般常識を「ボケ」が崩すことによって、話にズレが生じて笑いが生まれるということです。

 

次に「放出の理論」は、フロイトなど精神分析学の分野において考えられてきた理論で、社会の様々な約束事を守るために費やしている心のエネルギーを放出することにより起こる「快感現象」が笑いであるというように考えるものです。

 

例えば、いわゆる「下ネタ」が笑えるのは、この理論で説明ができるということになります。

 

どんな笑いでも、健康に繋がるそうなのでもし、あなたが笑える環境にいない状況だとしても無理にでも笑うことで身体が健康を保ち今の状況は打破できるパワーが生まれます。

 

逆に、しかめっ面で、苦虫を噛んだような顔をしているとやる気も沸いてきませんし、福運も逃げてしまいます。

 

どんな状況だろうと、辛い状況であればなお更無理にでも笑う環境を作ってみましょう!

 

そこに一筋の光明が見えてくるはずです。今日も明るく、楽しく、元気よく邪気を笑い飛ばす一日であって頂きたいと願います。

 

続きを読む

いつでも何処でも誰とでもスマイルパワー

スマイルパワー健康法!

yjimageJ9ZTPAKP

芸能人って何千いるか判りませんが、テレビのバラエティー番組に出る方もドラマに出る方もごく一部の人気タレントに偏っている様な気がします。

 

人気タレントともなると、どの番組にも引っ張りだこで毎日見ない日は無いというほどメディアに登場しています。

 

そういう方の特徴でもある魅力の一つは、男女問わず常に元気でスマイル(笑顔)でると言う事と併せてハードなスケジュールに負けない強靭な体力を併せ持つ人の様な気がします。

 

人気タレントであっても笑顔が出なくなった芸能人は、知らず知らずにメディアからも姿を消していき後々病気が発覚するパターンが余りにも多く見受けられるのはたまたまでしょうか?

 

強靭な体力とスマイルとは密接な関係にあると私は思います。

 

哲学者のニーチェは「人間だけが、この世で苦しむため、笑いを発明するほかなかったのだ」と残していますが彼は、苦しみの対極にあるもの、「健康」や「心の平穏」、「幸福感」などを得るために、人間は苦しくても笑うのだ、と言いたかったのかもしれません。

 

みなさんは、毎日笑っていますか? 意識してもっと笑ってみませんか?

 

「笑って病気が治った」という話を聞いたことがありますか?

実際にそんなことがアメリカで起こったのです。

 

それも原因不明の病気で、専門医からは「治る確率は500分の1しかない」と宣告された難病だった病気を見事治した例を紹介します。

 

アメリカの「サタディ・レビュウ」誌の元編集長で、被爆した女性をアメリカに招いて治療が受けられるようにした「原爆乙女の父」としても有名なノーマン・カズンズ氏は、1964年(昭和39年)に、膠原病のひとつ、強直性脊椎炎という病気にかかってしまい、発熱と体の激しい痛み、体中にできた固いかたまりのため、まったく動けなくなってしまいました。

 

血沈(赤血球の沈降速度。膠原病やリウマチ、貧血の場合は早く沈降する。)は1時間に115ミリ(正常な人は10ミリ程度)という異常な値を示していました。

 

膠原病とは、本来、外敵から自分の体を守ろうとする免疫の働きが自分の体に向かってしまって、その結果、全身に様々な症状を引き起こす難病です。

 

カズンズ氏は、診断されたときには落ち込んだものの、ストレス学で有名なカナダのハンス・セリエ博士が著書の中で、「不快な気持ち、マイナスの感情を抱くことは心身ともに悪影響を及ぼす」と述べていることを思い出し、その逆にプラスの感情を持てば体に良い影響がもたらされるのではないかと考えました。

 

そこで、彼は、ビタミンCの大量投与と併せて、積極的に自分の気持ちを明るくする方法として、大笑いする治療を実行しました。

 

連日、ユーモア全集を読み、喜劇映画やコメディ番組のビデオなどを見て、10分間大笑いすると、あれほど苦しかった痛みがやわらぎ、2時間ぐっすり眠ることができるようになったのです。

 

さらに驚いたことに、その前後で血沈の値が、いつも5ミリ程度改善されていました。

 

彼は、さらにポジティブな感情を持ち続けることにより、血沈がどんどん改善され、痛みも薄らぎ、歩くことができるようになり、数か月経ったときには、元の編集長の激務に戻ることができたのです。

 

彼は、この闘病体験記の発表をきっかけに、UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)の教授に転身し、精神免疫学の研究に取り組みました。

 

十数年後の1980年(昭和55年)、今度は心筋梗塞に見舞われました。

 

彼は再び笑うことを中心としたプラス思考を持ち続け、ついに心筋梗塞を克服し、2度目の奇跡を起こしたのです。

 

彼は「『人の心身の再生能力を決して過小評価してはいけない』ということを学んだ」と、話しており、後年、こうした体験や研究の成果により、「笑い療法の父」と呼ばれるようになりました。

 

昨今、「笑いが健康にいい」、さらには、「病気も治る」といったことがよく話題になっています。

 

このノーマン・カズンズ氏の事例がそのルーツと言えるのかもしれません。

続きを読む

たんぱく質と糖質はダイエット中の皆さんもしっかり採る事がベスト

_r8_c2

糖質は脳の唯一のエネルギー源です。

 

人間はタンパク質をふだんより多く、糖質も脂肪も多く、全部多めに食べたときにどうなるかというと、タンパク質はたくさん食べても、その日のうちに全部代謝されます。

 

タンパク質は自分の体をつくる材料です。

 

更に糖質もたくさん食べても全部代謝されるようになっています。

 

脳のエネルギーと筋肉のエネルギーとして必要なたんぱく質と糖質は、自分が生きるために必要なエネルギーだけを残して、足らないところだけを脂肪で捻出します。

 

つまり、残りの脂肪は24 時間以内にみんな体の脂肪になります。

 

ということで、最近のデータは、米とかタンパク質というのは少々多く食しても脂肪にはならないという結果が出ていて摂りすぎた脂肪がそのまま残って体脂肪になるからです。

 

ということで、結論的に言えば、日本人が太ってきたのは脂肪そのものをたくさん摂るようになったせいです。

 

昭和25 年頃は、日本人はエネルギーとして脂肪から7%ほど摂っていたのです。

 

あとは全部、米です。このときに糖尿病という人はいませんでした。

 

ということで、日本人が太ってきた理由は、米を食べてればいいところを、米より2倍もカロリーがある脂肪を摂りすぎたことにあります。

 

米よりも2倍もカロリーが高いものを我々は脂肪で4倍も食べています。

 

それで更に便利になって動かなくなったから、みんなその脂肪が体に余ってきているのです。

 

だから、これからは、ご飯はちょっと多めにして良質のタンパク質、豆腐だとか大豆とか、お肉でも脂身の少ない赤身のところなどを採るようにしましょう!

 

何を減らすかと言えば脂肪なのです。 具体的には、から揚げなど天ぷらを食べるときには、お腹が出ている人は、衣を全部はがして食べるとかそういう工夫が必要です。

 

てんぷらだけではなく鶏を食べるときは、皮を食べないようにするだけで。カロリーが半分になります。

 

お魚の脂は体には身体に多少なら良いのですが、旬な魚ほど油がのっているので魚の脂でもやっぱりカロリーが高くて太ってしまいます。何でも適度に食べないといけないということになります。

 

昭和25~30 年に比べると糖尿病患者数は10 年程前で約30 倍になるそうです。

 

糖尿病が日本でぼちぼちふえてきたので、医師会が糖尿病を判定する基準をつくったのが昭和30 年以降なのです。

 

糖尿病予備軍も併せて、現在約2,000 万人が糖尿病だという結果から約5人に1人は、糖尿病若しくは糖尿病予備軍ということになります。

 

糖尿病は、遺伝だという人がいますが昭和30年から50倍にもなったということは遺伝でふえるわけがないということで、糖尿病は遺伝で起こっているのではなくて、筋肉を使わないから起こっているという理論が成り立ちます。

 

皆さんの筋肉は糖質の7割を使います。

 

だから、持久力の必要なサッカーの選手とかマラソンの選手は、試合前に餅とかパスタをいっぱい食べるのです。

 

それは筋肉にエネルギーが要るからです。

 

このエネルギーが足ららくなると、35 キロ付近で夢遊病者みたいフラフラします。

 

たんぱく質と糖質はダイエット中の皆さんもしっかり採る事がベストです。

 

続きを読む

生活習慣病改善につとめよう!身体を動かさない人をニートといいます☆

_r8_c4

現在、生活習慣病とも呼ばれる病気は、大半は自覚症状がないか気づいてもどこか痛い訳でも辛い訳でもないのでほったらかしの人が多いのも事実です。

 

糖尿病の検診でひっかかって、要検診となっても行く人は10%から15%で、残りの85%は行こうともしない。「どこも痛くないし、コレステロールが高いのは痩せていようが太っていようが、俺のコレステロールは高値で安定をしいる」と、そういう方は要注意です。

 

前回のブログでご紹介した死の四重奏にと突入していく確立は相当高いものとなります。

 

こういう現象のことをサイレントキラーとも言います。静かに人をむしばんで殺していく病気を意味します。

 

九州大学の先生が、ある村の65 歳の人を15 年間ずっと追跡調査したことがあるのですがその人たちは65 歳の時点で認知症はゼロでした。

 

15 年経って、65 歳のときお腹がせり出して肥満症だった人で更に糖尿病で、お薬を飲んで治療を受けていた人は、その後の15 年間で健康だった人に比べて、アルツハイマーの認知症で4.6倍の方が亡くなりました。

 

癌で亡くなった方も3倍多かったというデータがあります。

 

如何に、お腹がせり出している人は気をつけないといけないかがご理解頂けたとおもいます。

 

これだけダイエットの話をしますと多くの方が、すぐダイエットしようとします、しかし太ったのは食べ過ぎて太ったのとは違います。

 

今、日本人の20 歳の人が一日に食べている平均量は1,883 キロカロリーです。

 

終戦が昭和21 年で、そのときが1,903 キロカロリーだったんです。

 

今、日本人の20 歳以上が食べているカロリーの量は終戦のときよりも少ないのです。

 

飽食の時代なんていうのは、実は間違いです。

 

終戦時並みの食事が飽食なわけがなくて、一番食べていたのは昭和50年の頃です。

 

そのときは今より300 キロカロリー多いという事実を直視してもピンと来ないと思いますけれども、勿論昭和50 年の食事を、皆さんに1年間続けていただいたら、皆さんも私も15キロ太ります。

 

つまり我々、今の日本人は、一番日本人がよく動いて、仕事も肉体的に動いていたときと比べると、1年で15 キロほど痩せ細っていかないといけないほどの貧しい食事しか食べていないということです。

 

食事の量は減ってきたのに何で太ってきた人が多くなったのか?

 

つまり、食べなくなったけれども、特に男性はそれ以上に肉体を動かさなくなったということが結論です。

 

アメリカの先生方の意見では、何でも便利になり過ぎてアメリカ人も日本人も太ってきた理由は、朝起きてから寝るまでの16 時間ほどを、ちょこまか立ったり座ったりするのか、一日中テレビの前に座って親指だけでリモコンを押しているかの違いにある、という話をされています。

 

実は、このように日常生活の内、何気ない動作をニート(Non Exercise Activity Thermogenesis)と言います。

 

ニートの語源です。 身体を動かさない人のことをニートといいます。

ニートにならないためにも今日も身体を動かして元気に過ごしてください☆

続きを読む

ダイエットは正しい食事療法から!

_r6_c4

脳への栄養と筋肉に栄養を与えるには、たんぱく質と糖質が必要だということはご理解頂けたと思います。

 

逆にいうと、肉体労働の方は、マラソン選手、サッカー選手と同じく仕事前には、一生懸命、米、うどんなどの糖質を食べることが必要です。

 

宇宙飛行士が糖尿になる理由は、無重力に行った宇宙飛行士は筋肉を一度も使うことがないからです。

 

それで、あまりにも糖代謝が悪くなって、宇宙飛行士は簡単に糖尿病になって帰ってくるわけです。

 

つまり、糖尿病というのは筋肉の代謝疾患が問題なのです。

 

 

これからは糖尿病や、メタボを避ける意味でも、こまめにそこ辺りのものを妻やご主人に頼んで顎で使わずに自らが歩いて身体を動かすことが大切です。

 

糖尿病を防ぐためには、食事療法より運動が大切なのです。

 

毎日、少しずつでも階段を登るしかないのです。

 

併せて、うつ病・統合失調症や認知症なども、本当は、歩くことが一番の薬です。

 

一時凌ぎの薬に頼り、飲んでは横になることの繰り返しだと、筋力は衰え、どんどん代謝は悪くなり、治る病気も治らなくなります。

 

あるいは自分が寝たきりにならないようにしようという努力が必要ですし、既にこれらの病気の人は、周りの支えも受けながら一緒に身体を動かす運動が大切です。

 

そして、食事では脂肪を少し減らしていく。タンパク質は食べても構いません。

 

糖質も怖がらずに、少し食べてもいいですよ。

 

血糖値が急に上がるのが怖い糖尿病の患者さんはよく考えて、野菜としっかり混ぜながら徐々に血糖が上がるように食べるとか、そういう正しい食べ方をすることが大切です。

 

そういうのを実は「食事」と言うのです。

 

食は、離して書くと、人を良くすると書きます。

 

365 日、考えてきちんと食べれば365 倍痩せていけるのです。

 

正しい食べ方をすることを「食事」と言うのです。

 

毎日の食事、運動、きちっと考えてやるから生活習慣病が予防できたり改善できたりするのです。

 

皆さんのかかる病気は遺伝病では決してありません。

 

生活習慣病なのです。だから自分の生き様を今日から変えていきませんか?

 

みなさんの健康を応援しています☆

続きを読む

太りすぎのリスクとは?

_r6_c2

脳の血管が1㎜でも詰まったら脳梗塞になります。

 

10 万㎞ある血管が1㎜詰まったら、詰まった先に酸素と栄養が行かなくなるからです。

 

少し怖い話となりますが細胞というのはエネルギーが来なかったら死ぬのです。

 

同じように心臓の血管が1 ㎜でも詰まったら、心臓の筋肉は死にます。

 

それが心筋梗塞です。そういう重い病気を引き起こす血の塊を、血栓と言うんですけれども、その血栓が脳、心臓の血管を詰まらせるのです。

 

その血栓を創る遺伝子はどこから出てくるか、もうおわかりですね。

 

腹の中の脂肪です。だから初めは軽い高血圧です。

 

それから血糖値が高くなって、コレステロールが高くなってきて動脈硬化が進んで行きます。

 

それからまだ先、放っておいたら、やがては脳梗塞、心筋梗塞が待っているということです。つまり、お腹がせり出している人は病気のデパートを一人で抱え込んでいるということです。

 

その病気のデパートは全部、時限爆弾の病気です。

 

遺伝子にスイッチが入ったということは、何もしなくても、そのまま太っていったら近い将来どうなるかお分かりになるとおもいます。

 

太っていると肥満症という病名がつきますが、肥満がもとになって、こういう病気も起こるのです。ですから今肥満している人は、その肥満を直せばこういう病気が改善します。

 

厚生労働省も、日本から肥満を無くせばこういう病気を一網打尽にできるかもしれないと思って、特定保健指導でメタボ健診をやって、ひっかかった方には食事と運動できちっと内臓の脂肪を減らして痩せていただきましょう、ということを義務づけたわけです。

 

一個病気があるごとに死亡率は2倍になります。

 

太っている方は、太っているというだけで普通の人よりも2倍も死亡率が高くなることをご存知でしたか?

 

さらに糖尿病があると、死亡率は4倍に跳ね上がります。

 

さらに肥満で、糖尿で、脂質異常症だと9倍になります。

 

「死の四重奏」といってデッドリーカルテットと言います。

 

健康は、買ってでも欲しいものです。 自分の健康は自分で守るしかありません。

 

あなたの健康を応援しております☆

 

続きを読む

太るメカニズムを知ろう!

_r4_c2

肥満度を測る目安として、BMIという指標があります。

 

身長と体重を比率にして、身長を2回掛けて体重を割るとでる値のことです。

 

例えば身長が165 センチで体重が69 キロあると、これは計算すると25 になります。

 

男性も女性も、この数値が25 以上になったら、あなたは今、太っていますよということになります。

 

お医者さんが勧める一番いい数字は22 なんです。

 

ですから22 というのを今日覚えておいて、自分の身長をメートルで2回掛けたものに、22 をかけてみて下さい!

 

そうすると、身長が1メートル65 センチの人は計算すると60 キロになります。

 

つまり60 キロぐらいがこの身長の人には適切な体重ですよということになります。プラスマイナス3 キロぐらいまではオーケーですけどあなたは、何キロになりましたか?

 

何で22 を標準に国が定めたかというと、過去の日本人の死んだ方のデータをものすごく調査し直して、ちょうどこの身長と体重の比率が22 のときが男性も女性も最も病気で死んだ人の数が少ない適切な身長と体重の比率だったので、経験的に、やはり22 前後がよいいと結論付けて日本の標準体重が決まったわけです。

 

これより多い人、10キロも20キロもオーバーしていたらちょっとダイエットすることを考えないといけないということになります。

 

何で腹が出たらいけないのでしょう?お腹がせり出すほどに太ってくると、一個一個の脂肪が膨れ上がってくるからなのです。

 

つまり膨れ上がってくるから前に腹が出てくるということです。

 

一個一個の脂肪が余りにも大きくて膨れ上がってくるようになってくると、細胞の周りが炎症、やけどを起こした状態になります。

 

炎症を起こすような脂肪の細胞から実は高血圧を引き出すような病気を起こす遺伝子が出てきます。

 

ですから、血圧が高いのは塩分の摂り過ぎとかストレスだけではなくて、お腹がせり出すほどの運動不足、食べ過ぎ、いろいろ絡んで肥満してきた結果、脂肪の細胞から高血圧を呼び起こす遺伝子が出てくるということです。

 

糖尿病は、甘いものばっかり食べてなるのではありません。

 

米を食べ過ぎると炭水化物の取り過ぎにより糖尿になるという人もいますがこれも間違った認識です。

 

今、日本人のお米の消費量は戦後と比べて半分に減っているのをご存知ですか?

 

消費量が半分に減って何で糖尿病の患者さんが40 倍も50 倍も増えたのか。

ということで、糖尿病は遺伝で起こっているのではないのです。

 

糖尿病の原因は、お腹がせり出すような運動不足、食事の摂り方の悪さ、いろんなものが重なって内臓の脂肪が膨らんできたことや、その細胞から糖尿病を引き起こす遺伝子が出てきたことによるものです。

 

もうちょっと症状が進むと、体の炎症が起こります。

 

細胞が炎症を起こすということは血管も炎症を起こしてくるから、太って内臓に脂肪がたまっている人は動脈硬化もついでに進んでいくということです。

 

さらに進むと、脳の血管が詰まったり心臓の血管が詰まったりして、脳梗塞、心筋梗塞という重い病気になります。

続きを読む

歩く人は長生きするらしい!健康で長生きしたいなら心筋強化が一番!

_r4_c4

前回のブログで紹介したように、今アメリカの医療機関では、その人の健康状態を歩かせてみて診察します。

 

それは、歩行スピードでその人の生存余命が解るからです。

 

何故なら、歩くのには相当のエネルギーがいる動作だからです。

 

今までより速く歩こうと思ったら、今までよりも多く血液を心臓から回せないと、そのスピードでは歩けません。

 

また、歩くスピードが速いということは動作の調節も要ります。更に体をサポートしないといけないなど歩く動作は他の機能にも関係してきます。

 

例えば、統合失調症や認知症が入ってくるとやっぱりちょっと歩くスピードも遅くなります。

 

当然、心臓が悪い方は血があんまり行かないので、スピードが絶対に遅くなります。

 

それから肺がんで肺を片一方取ったら、いくら息をしても酸素は半分しか入りませんので、歩くスピードは半分になります。

 

股関節が悪くなった人もやはり歩くスピードが遅くなってきます。

 

歩くスピードが遅くなるというのは血が戻らなくなるということです。

 

グイグイ歩ける人はグイグイと心臓に血が戻ります。

 

足腰は第二の心臓と言います。筋肉は心臓なのです。

 

歩くのが遅い人は心臓に血が戻りませんで足腰が弱ってきたら心臓も弱ってしまうのです。

 

大女優、森光子さんがスクワットを150 回やってのた話や、三浦敬三さんが片足のスクワットをずっとやっているのも、それは心臓を弱くしないように努力されているのです。

 

心臓からプシュー、プシューと血が回るから私達は、生活が送れているということに元気に気づく必要はあります。

 

そして、少しでも心筋を鍛えないと、心臓どころか、すべての機能も弱るということです。

 

グイグイと歩くように訓練をしてください。

 

ただし、いきなり30 分歩く必要はありません。 30分くらいなら毎日の通勤などでも歩いているよって言うかもしれませんが、前々回お伝えしたスクワットのやり方の同じで意識することが大切です。

 

今日から5 分歩いて、翌日は1 分ずつ増やすということでやっていくと、一ヵ月後には相当歩くことになりますが、雨の日や、どうしても歩けない日もあるので目標として片道15 分ぐらいは歩けるようにして、帰ってきたら往復30 分毎日意識しながら歩いたらこれで十分です。

 

あとは、元気な人ならスクワットもちょっとずつ取り入れていったらOKです。

 

大事なことは、決して無理をしないことです。

 

それから、スロージョギングは肥満予防にも通じます。

 

肥満度を測る目安として、BMIという指標があります。

 

例えば身長が165 センチで体重が69 キロあると、これは計算すると25 になります。

 

男性も女性も、この数値が25 以上になったら、あなたは今、太っていますよということになります。

 

これから段々と暑くなりますので無理をすることなく少しずつトレーニングをして若さを維持していきましょう!

続きを読む

若さを保つ秘訣とは?寿命は遺伝によらず、継続的な運動と食事が長生きの秘訣

_r2_c4

継続は力なり 心筋を鍛えて若さを保とう!

いくら元気な人であっても年とともに筋肉も少しずつどうしても落ちます。

 

ですが、ずっと使っている筋肉というのはかなり持つということは、回りの元気なお年寄りを見れば一目瞭然です。

 

柔軟体操も一緒で、足が180 度開く人も世の中にはいるわけですが、あれは毎日お酢を飲んでいるからではなく、ずっと柔軟体操をやってきた結果として柔らかい身体を手に入れているわけです。

 

それから寿命は遺伝によらないというのをご存知ですか?

 

皆さんの中で周りから、「あなた、年の割には若く見えるよねぇ」と言われている方はおられますか?

 

そういうふうに他人から見て、若く見える人は実は心臓の筋肉も血管も若いはずです。

 

一卵性双生児ってわかりますか。いわゆる双子さんですが。双子さんをずっと何千人も追跡した研究があって、双子だから金さん銀さんみたいに大体死ぬときは同じ、と思っていたわけです。

 

そして最近まで寿命は遺伝によると思われていたのですが、最近の研究でそうではないということがわかりました。

 

人は、生まれて来てどういう食べ物を食べたり、どういう運動をしていたか、どういう環境にいたかによって、同じ双子なのに、あるペアは片方が10 年も早く死んだ人がいたりしたわけです。

 

その人たちの生前に見た目の年齢を記録しておいそうですが、他の医学の所見、例えば血液の検査や、認知症の検査や、体力テストの結果などから推測される寿命よりも、ぱっとした見かけの年齢を看護師さんが評価したときの寿命のほうが、この人たちが実際に死んだ年齢に等しかったそうです。

 

例えば、双子の一人が60 歳に見えたら、その人は平均年齢が60 歳の方と同じぐらいまで生き、もう一人が同じ60 歳なのに68 歳だと周りが評価したら、この人は68 歳の人の平均余命ぐらいしか生きなかったという、データーがあるそうです。

 

つまり生き様、生活習慣によって、同じ一卵性双生児でも10 年近く早く死ぬ人もいるということです。

 

だから、遺伝だけじゃなくて、人は何を食べて、どんな生活をするのかというのが人の寿命には大きく関係するということなのです。

 

もっともわかるのが歩くスピードで寿命が分かります。

 

男性の方で、最近凄く歩くのが遅くなったと感じる方がその後10 年後にまだ生きていた人の確立は19%で残りの81%の方は、亡くなったというアメリカ医療機関の調査データーがあります。

 

逆に同じ年齢でも、まったく遅くなったと感じない人は、10年後に生きていた人は87%、死んだ方はたかだか13%でした。

 

いかに、歩くことが大事かということですね。

今日も元気にあるけますようにご祈念申し上げます!

続きを読む

ロコトレ!大女優はみんな内臓を鍛えている!

_r2_c2
人は、立っているときには、血液は筋肉にいっぱい入っています。

 

そしてギュッとしゃがみ込むと筋肉が縮みますよね。

 

そうすると筋肉の中にある血は、血管は一方向に弁が付いていますので、心臓に全部戻るのです。

 

さて昨日は、ロコトレで簡単なスクワットを紹介したのですが心臓を強くする運動は他にもあるのでどんな運動でもよいと思います。

 

とにかく筋肉をリズムよく動かすトレーニングが大事です。

 

例えば、スロージョギングも有効です。 スロージョギングでも一歩一歩踏みしめる度に血が一気に心臓に戻ります。

 

ただ歩くときに、だらだら歩く人がいますけど、道草程度だとあまり効果はありません。それは、血がドロッとしか心臓に返らないからです。

 

ですから、今日からお歩きになるときには、グイッグイッと歩いてください。

 

これは、スロージョギングと言って、ふだんよりもちょっとだけ速く歩こうとすると、それに必要な筋肉がついてきます。

 

心臓の働きは、毎年1%ずつ落ちていくのですが心臓も筋肉ですし、当然、筋肉は使わなければ老いていきます。

 

米国航空宇宙局(NASA)で陸軍の軍人さんを対象に、心臓機能について実験をしたことがあります。

 

皆さん20 歳の軍人さんが対象で、その人達を3 週間寝させました。

 

一度も立たないで、寝たままで食事もトイレもします。

 

そうすると、心臓が酸素を全身に送る能力が30%も落ちたそうです。

 

陸軍の鍛えた軍人も、コンピュータを扱う軍人さんも、全て3 週間で機能が大体平均30%落ちたそうです。

 

皆さんの心臓は1年に1%機能が弱くなっていきます。この人たちは3 週間で30%機能が落ちたのです。

 

ということは、つまり、実験開始時点では20 歳の人が3 週間経過後では50 歳の体力になったということになります。

 

その間たかだか3 週間です。

 

水平で寝ている状態というのは、最も心臓がなまくらになる楽な姿勢なのです。

 

こういう姿勢をずっと続けてしまうと人間の心臓はなまくらになって、一気に30 年ほど機能が退化しますよということです。

 

皆さんはどうしても年とともに体力がなくなってくると、楽なほうを選ぼうとするのです。でも、そうすればするだけ自分の体力はもっともっと弱くなっていきます。

 

ちょっと体力がなくなって息が上がると思ったら、「ああ私最近、運動もしてないし、体力が弱ってるなぁ~、これはちと何とか頑張らないと早い時期に寝たきりになるなぁ」、と自分で感じないといけないのです。

 

これからは階段を見たら感謝して、歩くときは少しグイグイと歩こうというような努力をしていかない限り、皆さんの体は変わりません。

 

今日から何か始めてくださいね。変化のないところに成長はない。

続きを読む

W炭酸入浴法と米ぬか入浴剤で美肌若返りアンチエイジング!TVのビビットを見た

_r10_c2

今朝の「ビビット」を見ていると
アンチエイジングで有名な元NHKアナウンサーで
医師の吉田 たかよし先生が、

W炭酸入浴法と米糠の入浴剤で
アンチエイジングになるというのをやっていました。

なんと15年もやりつづけているんだそうです!

MCの真矢ミキさんも、
W炭酸入浴法が一番気になったらしく、
興味心身でやってみたいといわれていました。

真矢ミキさんといえば、
美魔女ですよね!

そんな真矢ミキさんが
やりたいというのだから、
これは本当に効果ありそうですね!

W炭酸入浴の方法と効能とは!?

W炭酸入浴の方法

まず、お風呂の浴槽に
炭酸が沢山出る入力剤をいれます!(バブとかですね!)

そして、
さらにその炭酸の泡々のお風呂に入りながら、
炭酸水を飲むってことなんです。

体の外と内から炭酸効果を高めるって事なんですね!

W炭酸入浴の効果とは?!

炭酸には血管を拡張する働きがあるとの事なので
体の外からと内から炭酸の効果で血管が拡張し

さらに、体全体の新陳代謝も活発になって
老廃物も排出され細胞が若返り
アンチエイジングにつながるというのです!

米糠の入浴剤が美肌を作るって本当!?

ビビットで吉田先生の他に皮膚科の先生も
言っていましたが、

米ぬかには、
ビタビンEが沢山含まれており、

また、アミノ酸も沢山含まれているので
肌を作り若返らせる上で必要な成分が入っているとの事でした。

※米糠入浴剤の作り方

米糠入浴剤の作り方は、とっても簡単!!

布に米ぬかを一握り入れて、縛ってこぼれないようにするだけです。

米糠入浴剤の使い方

袋に入れた米糠入浴剤を
お風呂につけるだけ!

袋の中の米ぬかがお湯を吸って
米ぬかの美肌成分がお湯に溶け出します!

W炭酸入浴法と米糠入浴剤の方法と効果効能のまとめ

●アンチエイジングにW炭酸入浴法は効果的面らしい!
●バブなどの炭酸風呂に入りながら、炭酸水を飲むと更に効果がパワーアップする!!
●もっと美肌になるためには、米糠入浴剤をいれるとキレイな肌になることができる!

続きを読む

長生きの秘訣!スクワットなどの運動で心臓を元気にしよう。

_r2_c2

どんなに今元気な人であっても誰もが最後は、寝たきりになります。

しかし、誰もが寝たきりになりたくないと願っているはずです。

 

すこしでも、元気に長生きして死ぬまで歩ける身体でいたいと願うし、起きてご飯も食べたいと思うはずです。

 

更に、人間は、欲深い生き物なので出来れば、頭も呆けずに、しっかりとあり続けたいなど、健康に関する欲求はきりがありません。

 

でも、そうならない為の努力は何かしてきたのかと言うと、振り返ったときにあれっ何もしてこなかったと気づく人が大半ではないでしょうか?

 

それでも気づくことが大切なのです。それが50代でも60歳を過ぎてからで意識付けできた日から心臓の働きが毎年1%ずつダウンするのを食い止めればいいのです。

 

あの大女優であった森光子さんは、舞台でデングリ返りをするために、なんとスクワットを毎日150回やっていたそうです。

 

吉永小百合さんはプールでバタフライを2 ㎞ぐらい泳がれるそうです。

 

死ぬまで元気でいたいと本気で願う人は、いつからでも遅くありません。

 

気づいたときから少しずつ、自分の身体特に(心臓と血管)を強くする運動を始めませんか?

 

何もやってなくて元気でいたいとかいうのは、それは無理な話です。

 

人は、風邪でも不治の病でも病魔に侵されると、まずは歩けなくなります。

それは歩くのにエネルギーが相当いるからなんです。

 

寝たきりでも心臓が止まらない限り、人は死にません。

今少しでも元気であり続けたいと願い人の為に、簡単なロコトレご紹介します。

 

今回は、簡単なスクワットのやり方を教えます。

 

スクワットというのは、足を肩幅に開いて、手は上に。

横から見て、お尻を少し突き出すようにして膝をゆっくり曲げます。

 

そのとき息を吐きます。

膝は痛めるといけないので90 度以上曲げないことがポイントです。

 

今日からスタートされる方は、1回だけにしてください!

 

森光子さんは150 回したのだから、私は、今日は50 回しようなんていうと膝を壊します。

 

家へ帰ってからでいいし、風呂のときでもいいし、キッチンの前で料理するときでもいいから、知らず知らずに一回くらいは、無意識の内にはやっている動作さのですが意識して今日は、1回やったと確認することが大切です。

 

次に今日1 回、明日は2 回、明後日は3 回というように回数を増やしていってください。

 

1カ月経ったら30 回、2 カ月経ったら60 回。

60 回できるまでに2 カ月かかります。

 

毎日1回ずつ増やしたら、2 カ月後には60 回できるだけの筋肉がちゃんとついていますのでご心配なく。

 

靭帯もだんだん慣れてくるし、心臓もこの運動を60 回できるためのエネルギーが送れるようになります。

 

心臓を元気にするために、こういう運動をするのです。

 

明日のブログも続きをお話しますね。

続きを読む

若さを保つ秘訣、あなたの血管年齢や心臓年齢は何歳ですか?

_r4_c3

あなたの心臓年齢と血管年齢はおいくつ?

皆さんの心臓は、一分間に何回動いていますか?

 

心臓の鼓動は、遅いほうが丈夫な証ですので、脈が速い人というのは心臓が少し弱くなってきて、1回にあまり血が出せないということなのです。

 

それでも1日に7,000 リットルも出します。

 

これは本当の話です。

 

1分間で5リットル血が回っていますから、1時間だとそれの60倍、つまり300 リットル、血が回ります。

 

皆さん24 時間生きていますから、生まれてから今まで、毎日約7,000 リットル近い血液をずっと回し続けているのです。

 

このブログを読まれた方の中に年々、年とともに歩くのが遅くなってきたと感じる人はいますか?

 

普通に街中を観察していると、ちょっとお年になってくると、歩くのが遅い方がいますよね。

 

そしてその中には、結構息が弾む人がいます。 中には、志村けんさんが演じるひとみばあさんの様に息が漏れる人もいます。(笑)

 

心臓が年々弱くなってきて運動も何もしない方は、心臓が大体1年に年とともに1%ずつぐらい弱くなっていきます。

 

一番元気だったときを20 歳だと過程したときに今の年齢に1%ずつ弱くなるのです。  つまり、40歳の人は、20%心臓が弱まっていると言えます。

 

心臓と血管の強化が若さを保つ鍵となります。

 

心臓が重力に負けると寝たきりになるという話があります。

重い病に架かると、直ぐに横になったほうがいいといいますよね。

 

あれは、寝ているときは、頭も、心臓も、筋肉も、体は水平になるので心臓への負担がすくなくなるようにという意味です。

 

地球には万有引力という重力があります。

 

人は、この引力に逆らって起きた状態だと心臓は頭より下にくるので1日に7,000 リットル血液を回さないと人間は生きられない訳です。

 

病に侵された状態だと心臓から頭のてっぺんまで7トンもの血液を押し上げることが困難になります。

 

ですから身体を休ませる為には、横になることが大事になります。

 

逆に言えば、心臓が弱くなって、自分の頭の上に十分圧力をかけて血を押し上げられなくなったら、皆さん寝たきりになるということです。

続きを読む

▲ページトップに戻る