うつ

家族で助けたい。「うつ病」からの回復ポイント (Mocosuku Woman) – Yahoo!ニュース参照

ewew

うつ統合失調症の回復には、周りの人たち、特に家族の対応の仕方が大きく影響します。最近では、人気お笑いコンビ「NON STYLE」の石田明さん(35)が深刻なうつ病だったことを告白し、話題になっていますが、もし家族の誰かが石田さんのような状態になった場合、どうすればいいのでしょうか。

◆家族のマイナスの感情が影響
うつ病や統合失調症などからの速やかな回復のためには、適切なカウンセリングや薬物治療に加えて、患者さんを過度のストレスを避ける環境に置くことが大切です。

つまり、患者さんにとって一番身近な存在である「家族」が、本人に対してどう接するかによって、病気からの回復具合=再発率が大きく変わってくるのです。

そこで重要になるのが、家族が本人に接する際の感情表現の仕方、いわゆる感情表出(Expressed Emotion:EE)です。
これは、一般的な感情表現のことを表しているわけではなく、「患者さんにとって苦痛となる家族の感情」があらわになることを意味しています。
WEE223E2
具体的には、
・「甘えてばかりいるな!」「お前はダメだ!」といった批判的感情
・無視をしたり攻撃したりする敵意ある感情
・患者さんを過度に気遣いすぎてしまう情緒的巻き込まれ

の3つがあり、これらの感情表出が多い家庭を「高EE」と呼びます。

多くの研究が、高EEの家庭は低EEの家庭に比べて、再発率が4~5倍に上昇すると報告していて、高EEの家庭に対して、低EEになるように教育を行ったところ、再発率が低くなることも分かっています。

◆知識や協力の不足が助長
家族の感情表出(EE)を高くしてしまう要因や状況には、主に以下の3つがあげられます。

・本人の症状が激しく、長く続いている場合
これは家族にとって相当のストレスになり、「もっとしっかりしなさい!」などの批判的な感情があらわになることが少なくありません。

・病気に対する知識の不足
病気についての知識がないと、どう接すればいいのかも分かりません。その結果、例えば、朝なかなか起きられずにいる本人に対して、単に「怠けている」のだと思い、小言や暴言を吐いてしまうことがよくあります。

・他の家族の協力が得られない場合
主に母親が1人で病気の子供の問題を抱え込んでしまうケースが多く、父親が全く理解や協力を示さないばかりか、本人の症状が悪くなると母親を責めてしまう場合もあります。その結果、家庭内にマイナスの感情が蔓延してしまいます。

その他にも、経済的・肉体的負担や将来への不安なども高EEの原因となります。
_r4_c3
◆距離感も大切
患者さんを抱える家庭では、家族はもちろん本人の1日も早い回復を願っているはずなのですが、結果的に本人にさらなるストレスを与える感情表出(EE)をしてしまっているのです。
EEを下げて再発率を低くするためには、以下のことに気をつける必要があります。

・病気について学ぶ
本人の病気のことを理解しないと、家族はどうしてもイライラしがちです。しかし、例えば「脳の異常で気力がわかない病気なんだ」と理解していれば、イライラや怒りもかなり和らぐはずです。

・専門家に相談する
長期にわたる患者さんとの生活は、いくら家族とはいえストレスになります。
家族だけで問題を抱え込んでしまえば、ストレスは溜まる一方で、家庭の雰囲気も悪くなってしまいます。積極的に医療機関や公的機関に相談し、アドバイスやサポートを受けましょう。
rrrwwww
・適度な距離を意識的にとる
家族であっても適度な距離感は必要です。時には、家族が自分の時間を作ってリフレッシュしたりするほうが、結果的に本人にも優しく接することができ、病気の回復の助けになるのです。

さらにもちろん、基本的な接し方として、なるべく本人の言動を批判せずに共感する姿勢をもち、安心感を与えてあげることも効果的です。

一言でいえば、家族に限らず人間関係の基本ともいえる、互いの「思いやり」を忘れないことが、1日も早いうつ病などの精神疾患からの回復にとても重要なのです。

weww2

これだけ暑い日が続くと、健康な人でもあっても家の中に引きこもりエアコンの前から離れたくなくなりますよね~。

それに、無理をして心筋梗塞になったり、熱中症になったりする人も多発しているようです。

ですので家の中で過ごすことが悪いことだと申しませんが家の中でも明るく楽しく過ごせる環境づくりを家族と目指すべきだと感じます♪

家族が笑顔で過ごせる環境にするには、同じ映画を観たり、バラエティーを見たりして共感し合える環境づくりもたいせつですが最も大切だと思うことは、楽しい食事(バランスの良い食事)を如何に摂るかが大切なのでは無いでしょうか?

FEREEE

美味しい食事を食べると自然と笑顔が生まれると思いますよ。  ポイントは、常に笑顔にあると思います。

お盆の間も先祖供養などを含めて全てに感謝をしながら笑顔で過ごせますように☆

笑顔になれない、若しくは食事のバランスが悪い、偏食など理想的な食事と程遠い環境もあるのなら食卓のお供にサプリメントを取り入れるのも良いのでは

健康第一! 家族の中で誰か1人でも体調がよくない人がいれば、みんなが中々笑顔になれません。 笑顔になれないことはとても寂しいことです。

FEERERE

笑顔になれるためにも楽しい食卓を囲んで生き生き活力溢れる健康家族を目指しましょう!

続きを読む

▲ページトップに戻る