睡眠

家族で助けたい。「うつ病」からの回復ポイント (Mocosuku Woman) – Yahoo!ニュース参照

ewew

うつ統合失調症の回復には、周りの人たち、特に家族の対応の仕方が大きく影響します。最近では、人気お笑いコンビ「NON STYLE」の石田明さん(35)が深刻なうつ病だったことを告白し、話題になっていますが、もし家族の誰かが石田さんのような状態になった場合、どうすればいいのでしょうか。

◆家族のマイナスの感情が影響
うつ病や統合失調症などからの速やかな回復のためには、適切なカウンセリングや薬物治療に加えて、患者さんを過度のストレスを避ける環境に置くことが大切です。

つまり、患者さんにとって一番身近な存在である「家族」が、本人に対してどう接するかによって、病気からの回復具合=再発率が大きく変わってくるのです。

そこで重要になるのが、家族が本人に接する際の感情表現の仕方、いわゆる感情表出(Expressed Emotion:EE)です。
これは、一般的な感情表現のことを表しているわけではなく、「患者さんにとって苦痛となる家族の感情」があらわになることを意味しています。
WEE223E2
具体的には、
・「甘えてばかりいるな!」「お前はダメだ!」といった批判的感情
・無視をしたり攻撃したりする敵意ある感情
・患者さんを過度に気遣いすぎてしまう情緒的巻き込まれ

の3つがあり、これらの感情表出が多い家庭を「高EE」と呼びます。

多くの研究が、高EEの家庭は低EEの家庭に比べて、再発率が4~5倍に上昇すると報告していて、高EEの家庭に対して、低EEになるように教育を行ったところ、再発率が低くなることも分かっています。

◆知識や協力の不足が助長
家族の感情表出(EE)を高くしてしまう要因や状況には、主に以下の3つがあげられます。

・本人の症状が激しく、長く続いている場合
これは家族にとって相当のストレスになり、「もっとしっかりしなさい!」などの批判的な感情があらわになることが少なくありません。

・病気に対する知識の不足
病気についての知識がないと、どう接すればいいのかも分かりません。その結果、例えば、朝なかなか起きられずにいる本人に対して、単に「怠けている」のだと思い、小言や暴言を吐いてしまうことがよくあります。

・他の家族の協力が得られない場合
主に母親が1人で病気の子供の問題を抱え込んでしまうケースが多く、父親が全く理解や協力を示さないばかりか、本人の症状が悪くなると母親を責めてしまう場合もあります。その結果、家庭内にマイナスの感情が蔓延してしまいます。

その他にも、経済的・肉体的負担や将来への不安なども高EEの原因となります。
_r4_c3
◆距離感も大切
患者さんを抱える家庭では、家族はもちろん本人の1日も早い回復を願っているはずなのですが、結果的に本人にさらなるストレスを与える感情表出(EE)をしてしまっているのです。
EEを下げて再発率を低くするためには、以下のことに気をつける必要があります。

・病気について学ぶ
本人の病気のことを理解しないと、家族はどうしてもイライラしがちです。しかし、例えば「脳の異常で気力がわかない病気なんだ」と理解していれば、イライラや怒りもかなり和らぐはずです。

・専門家に相談する
長期にわたる患者さんとの生活は、いくら家族とはいえストレスになります。
家族だけで問題を抱え込んでしまえば、ストレスは溜まる一方で、家庭の雰囲気も悪くなってしまいます。積極的に医療機関や公的機関に相談し、アドバイスやサポートを受けましょう。
rrrwwww
・適度な距離を意識的にとる
家族であっても適度な距離感は必要です。時には、家族が自分の時間を作ってリフレッシュしたりするほうが、結果的に本人にも優しく接することができ、病気の回復の助けになるのです。

さらにもちろん、基本的な接し方として、なるべく本人の言動を批判せずに共感する姿勢をもち、安心感を与えてあげることも効果的です。

一言でいえば、家族に限らず人間関係の基本ともいえる、互いの「思いやり」を忘れないことが、1日も早いうつ病などの精神疾患からの回復にとても重要なのです。

weww2

これだけ暑い日が続くと、健康な人でもあっても家の中に引きこもりエアコンの前から離れたくなくなりますよね~。

それに、無理をして心筋梗塞になったり、熱中症になったりする人も多発しているようです。

ですので家の中で過ごすことが悪いことだと申しませんが家の中でも明るく楽しく過ごせる環境づくりを家族と目指すべきだと感じます♪

家族が笑顔で過ごせる環境にするには、同じ映画を観たり、バラエティーを見たりして共感し合える環境づくりもたいせつですが最も大切だと思うことは、楽しい食事(バランスの良い食事)を如何に摂るかが大切なのでは無いでしょうか?

FEREEE

美味しい食事を食べると自然と笑顔が生まれると思いますよ。  ポイントは、常に笑顔にあると思います。

お盆の間も先祖供養などを含めて全てに感謝をしながら笑顔で過ごせますように☆

笑顔になれない、若しくは食事のバランスが悪い、偏食など理想的な食事と程遠い環境もあるのなら食卓のお供にサプリメントを取り入れるのも良いのでは

健康第一! 家族の中で誰か1人でも体調がよくない人がいれば、みんなが中々笑顔になれません。 笑顔になれないことはとても寂しいことです。

FEERERE

笑顔になれるためにも楽しい食卓を囲んで生き生き活力溢れる健康家族を目指しましょう!

続きを読む

折角の夏を楽しもう!

fefer

蒸し暑い、気だるい、めんどくさいと言っている間に夏は終わってしまいますよ~

 

折角なら海や山にお祭りや花火大会に楽しいイベントが盛りだくさんの夏を楽しむべきです!

imagesRY90Y5XK

ただそうなると気になる部分の露出です。(汗)

 

プルプルお顔、二の腕、お腹やお尻は、やっぱり気になりますようね~

imagesJJDM3VWU

露出の多いこの季節、自分の体型に自信がないとお悩みの方も多いのではないでしょうか?

 

人は、本来欲望の塊ですので、自分の不摂生を棚に一旦上げて置いても、できることなら簡単に、無理なく健康に痩せたい!って思うのですよね~

 

そして瞬く間に夏が過ぎ去り来年の夏に向けて頑張ろう!の繰りかえりでは無いでしょうか?

 

健康的に痩せるためには、当然痩せたい部分の簡単なエキセサイズは必要ですが一番楽で効果的なのは、食生活の改善ですよね~

eerweww

夏野菜には、代謝を上げて血流をサラサラにしてくれるものがほとんどです。

 

更にカロリーは低く栄養満点の夏野菜は、ダイエットの強い味方なんですよ~!

 

とは、言っても中々ふんだんに夏野菜を毎日摂取することなんて不可能に近いことです。

 

そこでお勧めなのがやはり「酵素」!です。

imagesQCFJQ2JU

酵素は、今多くのメーカーが商品開発をしていますが良質な酵素には、新鮮な生の野菜や果物を沢山漬けて抽出しているので野菜不足を十分に補えます。

 

酵素には「代謝を上げる」「腸内環境を整える」などの効果があるため、ダイエットにもうれしい効果がいっぱいです。

消化がよくなり代謝も上がるので、体内のデトックス作用が高まります。

errererere

酵素を摂取するだけで食事制限をする必要がないのでリバウンドもしにくく、健康的なダイエットを目指せます。

 

酵素って高いのではと思われがちですが今は特に野菜も高いので生野菜を沢山食べたと思えば一日当たりで換算すると凄いお安い金額になると思いますよ☆

 

おいしく、無理なく、健康的に痩せられる酵素ダイエット。

 

運動が苦手な方、面倒くさがりな方、男女問わずどんな方にもおすすめです。

imagesCNKFUS49

このチャンスに、試してみてはいかが?

 

理想のボディを手に入れて、キラキラした楽しい夏を過ごしましょう!

続きを読む

真夏対策!スポーツ飲料の取り過ぎは危険!

台風が去った今日からがいよいよ夏本番ですね!

weww2

既に、全国的に今年は、気温が高い上に雨も多かったのでこれから先も相当な蒸し暑さが予想されます。

当然、そうなると小まめな水分補給を摂ることが一番大切なことになりますが実は、水分を小まめに補給しなければと、イオン飲料やスポーツ飲料水をがぶ飲みする人も多くいるようですがイオン飲料やスポーツ飲料を取り過ぎると逆に大変危険ですよ。

特に小さな赤ちゃんに赤ちゃん用だからと言ってお母さんが小まめにイオン飲料水をやったせいで赤ちゃんが病気になるというケースもあるようです。

その理由は、イオン飲料やスポーツ飲料には、疲れを癒すために塩分と甘味料の両方が入っているからです☆

アトピ性皮膚炎の赤ちゃんや子供さんにとって塩分や甘味料は敵となり更に酷くなりますし虫歯の要因にもなります☆

それから、大人でも高血圧や中性脂肪の高い人にも悪影響を及ぼします。

肥満の人には、更に肥満を増幅させる可能性がありますよ。

イオン飲料やスポーツ飲料は、相当量の運動をした時や、高熱が出たときには、効果的ですし、脱水症などでお腹を下したりしているときも有効だと思いますが普通の生活を送る上では、ほぼ必要ありません。

REERE

水分補給が必要ないと言っている訳ではありません、水分補給は、とても大切ですし、今の季節でも成人で最低でも2,2ℓは補給しておく必要がある量です

水分補給の水分は、イオン飲料やスポーツ飲料ではなくても天然ミネラルや水、若しくは麦茶などで補給することが大切なのです。

水が体内に足りなくなった警告は、単純に喉が渇いたと思うときは、身体全体の1%水分を失っている証だといいます、それ以上不足しだすと、まず筋肉が緊張してきて攣りだしたり、息苦しくなったりします。

これからの暑さ対策で水分補給も大切ですが併せて知っておきたい情報としては、例えば筋肉疲労で足が攣るような時は、アーモンドを食べるといいですよ。

アーモンドに含まれるマグネシウムは筋肉の緊張をほぐす働きがあるので寝つきが悪い人にもおすすめです

睡眠中の血糖値を安定させて良質な睡眠をもたらすという効果も あるそうです

それから、バナナも快眠を促すそうでバナナの成分には、トリプトファンという必須アミノ酸が含まれ、神経を沈める脳内ホルモンの合成を助けますのでバナナは身体と脳の両方をリラックスさせてくれるそうです

ヨーグルト、牛乳、チーズといった乳製品も、 トリプトファンが多く含まれています

dwedww

 

乳製品に含まれるカルシウムも ストレスを緩和して神経を落ち着かすのに効果的です~

寝つきが悪いという方はぜひ試してみてくださいね

 

続きを読む

いつでも簡単!お手軽 健康増進法 

                                     いつでも簡単!お手軽 健康増進法

rrer3333

誰でも知っている健康法ですが意識して実践している人は意外と少ないのが手足を揉むだけの健康法です♪

 

私のブログでも何度となく取り上げていますが、手足や指先はすべての臓器に通じているといわれています☆

 

手もみ健康法、爪揉み健康法、足ツボもみ健康法、青竹踏み健康法など手足を揉んだり刺激を与えたりする健康は昔から数多く実践されています♪

yjimage635U5U9W

その基になるのは東洋医学で、手足の指先はすべての臓器に通じているとされている考え方から成り立っていて、手足のツボを刺激することにより五臓六俯の働きを活発にし、体のバランスを整えようというのです。

 

お手軽な手揉み

足を揉むのは自宅などではできますが、いつでもできるというわけではありません。
しかし、手を揉むのは勤務中でも、会議中でも、電車を待つちょっとした時間でも簡単にできます。

 

丁度今は寒いので無意識に手もみをする人も見掛ますがあれも脳が血流をよくする為に信号を送りさせている動作です。

年寄り臭いと思わずに、今の寒い時期から手もみを実践し習慣付けることをお勧めします。

 

手もみの効果の一つには、手の平から親指かけては呼吸器系に繋がっているのでそこを揉みほぐすと、呼吸を落ち着かせる効果もあります。

胃の不調な時には人指し指、疲労には中指、精力増進に薬指、心臓病に小指が効果があると言われています。

覚えるのは大変ですから、ちょっとした時間があれば手のひらの指全部を揉むような習慣をつけたらよいと思います。

dweww

ボケ防止にも手揉み

指先を使うと老人のボケ防止になるといわれますが、これは、指先からの大脳への刺激効果があるためです。

指先を使う仕事や趣味はなんでもよいのですが、思い当たらない方はテレビを見るときにでもやってみてください。

手の指を全てつけて人差し指から順番に指同士が当たらないようクルクル回すだけで脳の活性化になります。 若い方でも何かを覚えようとするときに両手の指先を回しながら覚えてみて下さい。 記憶力が増したことを実感出来ると思いますよ。

これから益々高齢化社会となっていきます。活き活きと生活を少しでも長く送り続ける為のお手軽健康法ですので今日からチャレンジしてみて下さい♪

続きを読む

シミ、シワ、たのみ、美白、くすみ、小顔 を目指すあなたへ!

images3KZXVYLQ

シミ、シワ、たのみ、美白、くすみ、小顔 を目指すあなたへ!

 

これから益々紫外線が気になる時期になりますね~

 

肌は、正直です!  自分でお手入れや予防をしただけ自分へのご褒美として必ず応えてくれます。

 

美への追求は、女性にとりましては永遠のテーマのテーマであり喜びです。

 

美への探究心自体が健康の素となり若さを保つ原動力です。

 

それには、具体的に何をすれば今よりもっと美しくなるのかを常に女性はアンテナをはって捜し求めています。

yjimageJ9ZTPAKP

お肌を美しく保つには、勿論三食栄養バランスを考えた食生活が基本でありますし、それに伴う健全な生活を過ごすことが基礎とはなりますが今の時代、中々ビタミンミネラルの豊富な野菜を心掛けたり、8時間以上の睡眠時間を確保したり、ストレスから開放される環境になる人は少ないと思います。

 

だとしたら、化粧をしない女性はほぼいませんので化粧感覚で毎日行えるケアならどんな女性でも出来るのでないでしょうか?

 

それには、肌の仕組みを理解する必要があります。

 

まずは、抗酸化物質で老化を防ぎましょう!

 

抗酸化とは、肌にも深く関わっている活性酸素に対抗する働きのことを指します。
抗酸化(=アンチエイジング)【anti(抗)+aging(加齢)】「歳をとるごとに抵抗する」という意味です。

 

抵抗すると言っても、人は、生きていく上で必要な酸素を必体内に取り込んでいる以上は活性酸素の害から逃れることはできませんし、老化の方向を逆に向けることは出来ません。

 

それでも、少しでも酸化=サビから少しでも身を守れれば、理論上は、いくつになっても、みずみずしく、ハリのあるお肌を保ち続けることができます。

 

ですので、まずは、肌老化の原因である活性酸素を取り除く抗酸化力が身につけましょう!

 

しかし40歳を過ぎるとカラダ本来の抗酸化力は衰えてしまうため、積極的に抗酸化成分を補うことが大切です。

 

これから益々強くなっていく紫外線やアルコールなど活性酸素をつくる原因を避け、抗酸化成分(サビとり成分)を積極的に摂取して老化から肌を守りましょう。

images1Q84G2V3

肌のお手入れには、抗酸化力の強い化粧水や美容液が有効です。

 

毎日のエイジングケアとして、肌老化の原因となる活性酸素を取り除くことで、若々しく、みずみずしいお肌を維持することが期待できます。

続きを読む

背中ニキビは完治できます!キレイなお肌を魅せつけライバルに差をつけよう!

rere

この夏は、背中ニキビにおさらばしてキレイなお肌を見せてライバルに差を付けませんか?

大人になってから発症した背中ニキビは、不規則な生活や睡眠不足、食生活の乱れなどが要因となっています。

自律神経が乱れると、ホルモンバランスも崩れて、肌トラブルの原因になります。まずは生活を見直してみましょう。規則正しい生活を心がけて、睡眠時間を多めに取ることが大切です。

その上で、ビタミン類を多く含んだ食事をなど栄養バランスにも気をつけます。

睡眠時間を取れないときには、肌の新陳代謝が活発になる午後10時から午前2時に眠るようにするのがオススメ。

しっかりと睡眠をとることはストレス軽減にも繋がります。

ストレスが溜まると交感神経が刺激されて、ニキビの原因となる糖質コルチノイドが作られます。

rrer3333

清潔な寝具で十分な睡眠をとることは、ストレス緩和にも役立ちニキビ発生も抑えられる一石二鳥のニキビ予防法です。

背中は自分では見えない場所なので、鏡の向きを変えるなどして初期段階で発見する工夫をしましょう。

続きを読む

夏本番近し!この夏を乗り越える準備はもう出来ていますか?

eewe222

               夏本番近し!この夏を乗り越える準備はもう出来ていますか?

毎年この時期になると思うのが「昨年もこんなに暑かったのかぁ」と思う気持ちと、今年も「ヨーシ!ダイエットに励もうか」と思う気持ちです。

 

地球温暖化の影響で世界的に見ても平均温度は上がっているとは言えそこに10度を超えるような差はありません。 夏は、当たり前ですが暑いものなのです。

 

変わっていくのは、寧ろ自分の体力や周りの環境かもしれません

 

プロレスラーやお相撲さんに言わせると、夏にダイエットをするのは、ナンセンスだそうです。 本当のダイエットは、冬にするものです。

yjimage0V7046HN

何故なら黙っていても夏は、温度が上がることで基礎代謝も上がるので太りにくい季節であるはずであり、その体力を保つには冬に比べて相当のエネルギーを補給しなければならないのに、多くの日本の女性はこの時期に無理にダイエットしようとして、食事の量もバランスを欠けるので体調を崩す人がとても多くなるのだそうです。

 

特に夏場は、五臓六腑に影響を受けやすいので注意が必要です。

 

一時的な外見を気にするあまり本来あるべき姿である健康を壊しては何もなりません。

 

まずは、健康的な身体づくりを目指すことが逆にプロポーションの良い身体のづくりにも通じて行くのだということを忘れないで下さい!急がば回れです!

 

念のために夏に気をつけたい病気を紹介します。

rrer3333

まずは、ダイエットによる夏バテですね。これは全身倦怠感、息切れ、食欲減退、口渇、咽のかわき、尿量減少、発熱、下痢などを伴います。

 

夏バテを起すと食欲が減退するので当然ビタミン、ミネラル不足となり更なる全身倦怠感、立ちくらみ、汗をかきやすい、食欲不振と負のスパイラルに入っていきます。

 

そうなると、体力がなくなっていくので次に気をつけたいのが熱中症や日射病です。 特に炎天下での運動、労働で多汗し、口渇、発熱、息切れ、無力感・脱力感を伴い身体が動かなくなります。

 

すると今度は、熱を冷やそうと水分過多となります。

 

水分過多となると冷たい水分を摂り過ぎ、水分を補給しても口の渇きが止まらなくなり胃がチャプチャプ音がするほど水を身体に溜めるようになります。

 

それが続くと当然ですが膀胱炎になり尿量が少なくなり、水様性の下痢をするようになり、更にもっともっと食欲減退が止まらなくなります。

 

それを繰り返すと体力や抵抗力が弱まり、次に身体に危険信号が発令されて熱かぜを引き起こしがちになります。

 

それは、主に寒気を伴わない熱症状、発熱、頭痛、咽痛、発汗などが始まります。

R3R333

次は、更に進んで悪胃腸かぜとなります。これは所謂風邪の拗れです。

嘔吐、腹痛、下痢を伴なう風邪、消化不良、急性胃腸炎などを併発します。

 

更にこれらを繰り返すと抵抗力が極端に落ちるので今までならなかった冷房病などになりやすくなります。

 

冷房病は、クーラーのかけ過ぎで起こる体の冷え、寒気、頭痛、四肢のしびれ、筋肉痛、体のだるさ、四肢のむくみなどの症状などを指します。ただし、これまで通り免疫力を高めて、血流を良くしてさえおけばなんとも無かった病気です。

 

最後には、血流が悪くなり、今まで悪くなかった神経痛、腰痛、関節痛など病気は広がる一方です。

imagesFFE3JBRD

無理なダイエットがここまで身体を崩す要因となるのは少しオーバーに聞こえるかも知れませんが実は、この過程で実際に沢山の病気を抱える人が増えるのです。

 

そうならないように夏対策として

1.暑くても温かいものを摂り、冷たい飲食物は控える。

2.睡眠を十分にとり、体力回復に努める。(エアコンのかけ過ぎに注意)

3.食事の片寄りをなくし、豊富な栄養を毎日摂る。

4.夜9時を過ぎた食事は控える。

5.ストレスは貯めこまずに日々発散に努める。

6.お風呂は湯船に毎日つかって心身共にリフレッシュする。

7.舌が浮腫んで歯型がついている時は水分を控える

8.毎日のストレッチで血液循環を維持する

yjimage8MG2JFOT

この様なことをしっかり実践して健康で活き活きとした生活を送った上で、次にちょっとこの部分を何とかシェイプアップしようかなど楽しみながら無理せずテーマや目標を掲げて楽しくチャレンジすることをお勧めします。

 

あなたの身体を守るのは、あなた自身です☆

続きを読む

自然のリズムに則した生活を!

人間の体に備わっている日内リズムと3つのサイクルを知ることで正しい生活のリズムを作ろう!

大きな世界感で捉えると、
人間は地球からしてみれば、地球家族の一部です。

森も湖もそこで暮らす動物も
自然の流れの中で生命を営んでいます。

それが、
人間だけは、ほんの少しだけ
他の動物より知能が良かったことで
文化・文明を発達させることが出来ました。

しかし、いくら文明を刻んでも、
人間も自分で自分の身体のことをコントロールすることは中々出来ませんし、
自然のリズムからは、逃れることは出来ません。

例えば、心臓の働きです。

心臓は自分で制御できないものです。
月経や排便も同じです。

つまり、私達の体には、
コントロールできない部分があるということです。

海の満ち引きがあるように
人間は日内リズムを刻んでいます。

日内リズムと3つのサイクルって何?

一日、24時間の体のリズムも、その内の一つで、
大まかに言うと人間の体は8時間ごとの3つのサイクルで動いており、
食べたものが効率よく消化吸収、そして代謝できるシステム
になっているということです。

そのサイクルで当てはめると、
朝食の時間帯となる午前4時から12時までの8時間は排泄時間になります。

それは、前日までの老廃物をスムーズに対外に出すための時間帯です。

なので、体のダメージを考えると、
朝起きにお腹が空いていないのに、朝食を無理やりでも食べる行動は、
果たして体に良い行いだと言えるのでしょうか?

朝から、お腹が空いてたまらないという人が食べないのも問題がありますが、
殆どの人は、起きて直ぐには食べられないと思います。

それは、その前にやることがあるからです。

すっきり排泄するためには?

赤ちゃんは、生まれると直ぐにおっぱいを飲まずに、
「カニババ」という便を出すことからスタートします。

これをしないと再吸収してしまって
アレルギーの原因になると言われています。

何かを食べる前に本来は排出するという行為が先にくるのが自然のリズムです。

では、
その排泄をするために必要なこととは何かと言えば、
軽い運動です。

軽い運動とは、
深呼吸や前屈などの軽い運動のことで、
これをすることで消化器官を動かす便意を催し排出します。

そして、
次の12時から夜8時が
本来食べるに適した時間だと言われています。

実際、私達の殆どが午前中に何らかの労働をしていますので、
消化器官もこの時間帯は同様に活動していますし、
この中であれば、積極的に食事をとっていい時間となる訳です。

法則でいえば、この時間に食べたものは、
多少食べ過ぎても身につくことはないそうです。

逆に、夜8時以降は、
あまり食べないようにするのが理想的な食べ方です。

夜8時以降は、
夜8時以前に採った栄養素が体の中で分解吸収され、
様々な化学変化を起こして、代謝され、新しい体をつくる再生の時間です。

ですから再生の間は、
出来るだけ静かに過ごしたほうが体の為になる
訳ですから
睡眠をとることで、朝起きたときに代謝はより効率よく進みます。

この3つのサイクルにしたがって日々を過ごすことが理想ですが、
現実は、友人や会社の人と夜7時以降に食事の約束をするときもあるし、
残業で夕食が遅くなる日もあるでしょう。

しかし、人間には、3つのサイクルがあるということを理解していると
サイクルを壊す時間があっても、この3つのサイクルに戻す為に、

次の日の食事は軽めにするとか、
夜八時以降は食べない日を作るとか自分で調整することが可能です。

大切なのは、
この3つにサイクルが人間にはあり、
自分で調整しながら過ごすということです。

すると、
目覚めの悪い方や寝付けない人も眠れるようになると思います。
ではでは!(^^)

続きを読む

▲ページトップに戻る