加藤茶さんがパーキンソン病!

加藤茶さんがパーキンソン病!

sewwewww22

加藤茶さんがパーキンソン病!

 

YAHOO! ニュースであの加藤茶さんがパーキンソン病だと知りました。

 

私が小さい時からお茶の間に笑いを届けてきたあの加藤茶さんが発病したパーキンソン病とは、1817年にこの病気を初めて報告したイギリス人のジェームズ・パーキンソンという医師の名前から由来する病名です。

この病気は、脳の中の神経に異常が起こることで発病しますが、若い人には少なく、普通40~50歳以降にみられることが多いと言われています。

 

脳は、大脳、小脳、脳幹に大別されますがパーキンソン病では、脳幹に属する中脳の「黒質」という部分と、大脳の大脳基底核にある「線条体」という部分に異常が起こっていることが明らかにされています。

 

脳は神経細胞の集合体ですが、その脳では、神経細胞のネットワークがさまざまな情報伝達を行い、体全体のバランスを保ち、生命を維持するように働いています。

 

この神経細胞同士の情報伝達には、「ドーパミン」「セロトニン」「アセチルコリン」といわれる神経伝達物質が欠かせません。

rr333

パーキンソン病では、黒質(黒点)に異常が起こって正常な神経細胞を減少させるため、そこでつくられるドーパミンの量が低下し、黒質から線条体に向かう情報伝達経路がうまく働かなくなっている状態ということがわかっています。

 

このため、姿勢の維持や運動の速度調節がうまく行えなくなるなど、パーキンソン病特有の症状が現れると考えられています。
黒質でつくられるドーパミンの量が正常な人の20%以下まで低下すると、パーキンソン病の症状が現れるといわれています。

 

パーキンソン病の主な初期症状には、「ふるえ」「固縮」「無動」「姿勢障害」の4つが知られています。

ge4eeee

じっとしている時に手や足にふるえが現れることが特徴です。

例えば、手を膝に置き、じっと座っていると膝の上の手がふるえだします。

 

また手を膝から離して何かをしようとするとふるえは消えます。

 

パーキンソン病には、4つの症状以外にも、便秘、排尿障害、立ちくらみ、発汗異常(汗をかきやすい)といった自律神経症状があります。
手術も出来ないわけで無いと聞きますがこれという治療薬も無いのも事実で、この症状が続いてついには、気持ちが落ち込み、うつ症状なることも多いようです。

 

普通、発症初期のふるえは体の片側にみられることが多く、やがて体の両側に現れるようになります。
薬が原因のふるえもあるため、問診では他の病気の治療をしていないか、また、治療をしている場合はどんな薬を服用しているかということが重要になります。もし服用している薬があれば診察の時に持参して、みてもらうとよいでしょう

 

落ち込みや意欲低下、食欲不振、不眠などの軽いうつ症状に、家族のほうが先に気がつくかもしれません。
うつ病には、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)やSNRI(選択的セロトニン・ノルアドレナリン再吸収抑止物質)など症状の改善をはかる、効果的な薬がありますので、ためらわず主治医に相談したほうが良いと思います。

GRTR4R4

▲ページトップに戻る

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。